就職・転職等

SEに就職・転職するならホスト系・システム系・Web系のどれがおすすめなのか?

スポンサーリンク

就職・転職するのにおすすめできる職業、システムエンジニア

新卒、他業種からの転職でおすすめできる職業の1つがシステムエンジニア(SE)です。

社会人になるに当たって、大卒の文系の多くの方は営業職に就きます。営業職は目標という名前のノルマに追われ、ストレスが溜まりやすい職業です。数字を達成するために休日出勤なども発生しがちです。向き不向きはありますが、向いていない方には苦痛でしかないのは確かです。もしあなたが営業をこなす自信がない文系学生だった場合、お勧めできる職業があります。その1つがSEです。

SEは専門的な数学や統計の知識を用いる業種を除けば文系でも就くことができます。また資格やポートフォリオがあれば、多職種から転職するチャンスもあります。未経験の場合は1からプログラムやテスト手法、設計そしてそして要件定義の仕方を段階的に身に付けていく必要があります。大変ですがやりがいがあります。

新卒、未経験で就職・転職するなら基本情報技術者、できれば応用情報技術者の資格を取得しておくことをお勧めします。やる気が評価されます。

ただし案件によってはかなりハードなものもあります。例えば、某銀行のシステム統合開発はIT業界のサグラダファミリアの言われ、いつ完成するか分からないと当時言われていました。完成はしたのですが、エンジニアの屍の上にできたと言われています。(リリース後、よくトラブルが発生していますが・・。)

入社しないと分からないところもありますが、企業分析をすることで上記のようなデスマーチの案件が避けられる企業を選択しましょう。

ベルン
理系は勿論、文系学生や転職希望者にもシステムエンジニアはおすすめできる職業の1つだよ

ホスト系(汎用系)・オープン系・Web系のどれに就職しようか

ホスト系(汎用系)エンジニアは、汎用機(メインフレーム)で使用する設計・開発を行います。汎用機は大型のコンピュータであり、並行処理に優れています。主に官公庁や銀行、保険会社では現役で使用しています。汎用機では、レガシーと言われているCOBOLやFORTRANなどの言語が現在も稼働しています。過去から無くなると言われてきたCOBOLですが、事務処理での使いやすさから現役です。

オープン系エンジニアは、パソコンでシステムの設計・開発を行います。オープン系開発は幅広い会社で行われています。言語はC++、Java、Python、VB.netなど様々なものが利用されています。オープン系の特徴として、新しい技術はどんどん開発されています。常に知識を身に付ける意欲が求められます。

Web系エンジニアは、Webサービスの設計・開発を行います。Webサービスと言っても幅は広いです。Webページの作成・保守、スマートフォン用アプリの作成・保守、オンラインゲームの作成・保守など上げたらキリはありません。PHP、Ruby、Python、Javascriptなどの言語を利用します。Web技術はどんどん進歩しますので、それらを学習し吸収する必要があります。

3つの特徴を述べましたが、おすすめなのはズバリオープン系orWeb系です。ホスト系はあまりおすすめできません。その理由をいくつかあげていきます。

まず第一に、技術が古く新しい新しいスキルが身に付かないことです。オープン系やWeb系は大変ですが、どんどん新しい技術を身に付けていきます。しかしホスト系ではCOBOLを初めとするレガシーな言語によるシステムでの開発が主です。時代からどんどん取り残され、転職することが難しくなります。同じホスト系であれば転職できるのですが、ホスト系を取扱う企業の数はオープン系よりも少ないのは間違いありません。

第二に主観も入っていますが、レガシーな言語を学習するのは面白くありません。COBOLやFORTRANを今更覚えたいという方はなかなか少ないかもしれません。AIなどが進歩している時代にコピー句の使い方を覚えるのはどうでしょうか。

第三に、スキルを身に付けても副業や独立に生かせないことです。COBOLしかしらずに副業で案件を受注することはほぼできません。またアプリを作ることもかなり際どいです。せっかくSEになったのにもったいないです。

上記の3つの点から私はホストエンジニアはおすすめできません。

オープン系エンジニアはどんどん勉強する意欲を見せる必要がありますが、スキルを身に付ける事で他でも生かすことができる可能性がありおすすめです。仕事時間外での勉強が苦手な方には向きません。

スキルを身に付ける事で、副業でプログラミングスキルを活かして稼ぐ力を身に付けてもいいでしょう。ある程度スキルとお金が貯まればフリーランスになることもおすすめです。

Webエンジニアもオープン系エンジニアと同じくおすすめです。どちらに進むかは好みでしょう。

ベルン
オープン系・Web系がおすすめ、なぜなら・・・

もし希望が通らなかったらどうするべきか

転職前にどのような開発をしている企業かある程度調べましょう。これは絶対に必要です。しかし一定以上の規模の企業だとホスト系、オープン系、Web系全ての開発をおこなっていることもあります。もし入社をして希望が通らなかったらどうするべきでしょうか。もし入社した会社で異動希望が聞かれる会社であれば、早速希望を出しましょう。とりあえず数年はと言われるかもしれませんが、そのままズルズルとそこの部署に留まることになれば元も子もありません。強く要望をだしましょう。もしそれで1年以上経っても全く聞いてもらえないようであれば、転職を考えてみましょう。

希望と違う部署の仕事は勿論全力でしないといけません。希望部署の管理者が仕事のいい加減な人を欲しがるわけがないのです。

にほんブログ村

-就職・転職等