事務・営業等

【難易度6】海の法律のスペシャリスト、海事代理士の資格について

2023-08-12

スポンサーリンク

海事代理士とはどのような資格なのか

海事代理士という資格を聞いたことがない人は多いでしょう。海事代理士は、「海の行政書士」「海の司法書士」と言われており、海の法律のスペシャリストです。海や船舶に興味がある人に向いている資格であると言えるでしょう。

海事代理士の仕事は独占業務があり、行政書士などとの共管業務の資格があります。海事代理士のみが行うことができる仕事があるため、顧客を得ることができれば固定収入を得るチャンスが大いにあります。

仕事内容は船舶の登記、海事法令に基づく手続き及び書類作成の代理が主となります。具体的には下記の通りです。

(仕事内容)

  • 船舶の登記に関する手続き
  • 船舶の測度、登録に関する手続き
  • 船舶の検査に関する手続き
  • 船員手帳、船員の雇入、船員就業規則などの船員の労働条件に関する手続き
  • 海技免状・小型船舶操縦者免許などの船舶に乗り組みための資格に関する手続き
  • 船舶による旅客運送、貨物運送または港湾運送などの船舶運航事業に関する手続き

厳選!初学者におススメしたい大原のWeb通信講座

ポイント

  • 海事代理士は海の法律のスペシャリスト
  • 独占業務があり、行政書士などとの共管業務がある
ベルン
海の専門家の海事代理士、マイナーな資格だが独占業務があり顧客の伝手があればおすすめ

海事代理士を取得するメリット

行政書士や司法書士の資格を持っている人

行政書士や司法書士の資格を持っている人が海事代理士の資格を取得することは、大変おすすめできます。海事代理士の資格を取得することで、仕事の幅が広がり大変メリットがあります。

漁船の登録などは行政書士でも行うことができますが、船員法に基づく船員の就業規則作成などの業務は海事代理士の独占業務です。行政書士にもさまざまな独占業務があり、海事代理士の独占業務と合わせることにより、シナジー効果が生まれます。

新規参入の障壁は高い、乗り越えれば高収入のチャンス

海事代理士は独占業務があります。しかし海運業界の体質から中々新規に開業しても仕事を得るのは厳しいという現実が待っています。競争原理が殆ど働かないのです。

資格を取得する人は上記で記載したダブルライセンス目的の人や親の仕事の引継ぎ、事務所勤務の人などが多いでしょう。独立は余程の人脈がないとなかなか厳しいのが現実です。

しかし、独立してコンスタントに仕事を得ることができれば、かなり高い年収を得ることができることが魅力です。知名度が低い事もあり、競合が圧倒的に少ないことは間違いありません。インターネット営業などを生かせばチャンスは大いにあるでしょう。

海事代理士会を通すことを通さず資格の登録の申請ができる

海事代理士の資格の登録の申請は、県の海事代理士会を通すことなく国土交通省に申請することができます。つまり、会への入会が義務ではないのです。中には入会をせずに業を営んでいる海事代理士の先生もいます。

海事代理士会に入会をすることによって、海事代理士のバッジの貸与及び職務上請求書を受け取ることができます。業務によっては、職務上請求書が必要になることがあるため、入会が必要となることもあります。

海に関わることや船舶を取扱うため、好きであればおすすめ

海事代理士は海や船舶の法律に関わる仕事を取扱います。小型船舶免許の更新も取扱うため、モータースポーツや釣りなどのマリンスポーツに興味がある人にとって魅力に感じるのではないでしょうか。

仕事はある程度好きでないとなかなか続かないものです。もし海や船に興味があれば是非チャレンジしてみましょう。

ポイント

  • 行政書士などのダブルライセンス目的に取得するのに最適の資格
  • 新規ハードルは高いが、そこを乗り越えれば高収入のチャンスがある
  • 会に入会せずに資格の登録ができる
ベルン
マイナーな資格なだけにビジネスチャンスも開拓できそう、頑張れば収入チャンス

海事代理士試験についてを語ろう

海事代理士試験は合格率が50%強とやや高めなのです。一見簡単そうに見えるのですが、実はそんなに甘い資格ではありません。この資格の受験生は、有名な資格にありがちな記念受験をする人がほぼいません。受験生一人一人が真剣に合格を目指している人なのです。また、行政書士や司法書士の合格者が多いのも特徴です。そういった方がダブルライセンスを目指して受験をしています。だから受験生のレベルが高いのです。

試験ですが、半数弱は過去問からの出題です。残りも過去問の類似問題が出題されます。とにかく過去問を徹底的に復習しましょう。厄介なのが市販のテキストが殆どないことです。過去問や海事六法をしっかり勉強しましょう。

口述試験があり、海事用語を用いて質問されます。勉強していないと恐らく内容が理解できません。用語をしっかり勉強しておきましょう。

ベルン
テキストが少ないので、過去問をとにかく回し海事六法を勉強しよう

まとめ

海事代理士はマイナーな資格ですが、海の法律のスペシャリストであり海や船舶に興味がある人に大変おすすめできる資格です。また、行政書士や司法書士の資格とダブルライセンスで取得することを最もおすすめします。

参入障壁を乗り越えれば高収入を得られる可能性もあるので、この資格はお勧めできる資格の1つです。ブルーオーシャンを見つけることが大切と言えるでしょう。

 


にほんブログ村

-事務・営業等